読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曖昧さ回避

未来が見えない女の本当にあった怖い話

私がまだマッチング処女だったころ

こんにちは。いまいあいです。

なんだかんだで、もーすぐこのブログ開設から1年が経ちます。
2,3か月放置もあったけど(ただ単に忘れてただけ)なんだかんだで続いてます。

勝手に1周年を祝って(?)1番最初にTinderで会った人の話を書こうかな。

ちなみにTinderをはじめたきっかけの記事はこちら。

aimaimix.hatenablog.com

 この記事の次の記事から、Tinderに蔓延る男性の分析をはじめちゃったもんだから、最初に会った人のことを書くのをすっかり忘れていたのね。というか、とあるきっかけでつい最近、一番最初に会った人のことを思い出すことがあったので書きます!

残念ながら携帯故障などの不幸がいろいろあったりして、当時のスクショはないのですが、思い出せる限りのことを書きましょう。2年という時空を超えて、君の名を…!

===

Tinderというマッチングアプリを得た私は、ヒヨコの雄雌を分別する職人のように男性のカードを仕分ける日々。

たくさんマッチした中で、1番最初にメッセージのやりとりをした人とは3か月くらいLINEをしてたかもしれません。

今の私はノリが合えばメッセージもするし、会ってみたいと思えば自分から会いませんか?って誘うのですが、当時の私はいわばマッチングアプリ処女。しかも私生活でも極度の人見知りだし、まず「会う」という前提もそこまでなかった。会えるはずないとすら思ってた。

その人は何人かと会ってたのかわかんないけど、メッセージの途中で

「会った時に**だね」みたいな、突然「会う前提」のメッセージをくれたのだ。(※「**」の部分は別に下ネタでもなんでもなかった記憶)

それに対してマッチング処女いまいあい、直球のディフェンス!

f:id:aimaimix:20170117150539j:plain

 

 

「これって、みなさん会う前提なんですか?」

 

いま思えば「そりゃそうだろ」「会う前提じゃなきゃメールせんわ」ともツッコみたくなるんですが、相手にとっては「こいつ…ガード固い…」と思わせてしまったに違いない。

「え?あ、どうなんだろう?人によるよね・・・」とゴニョニョしちゃった彼は、その後会いましょうというお誘いもなく、3か月空気のようなLINEのやりとりをしたのだった。結果自然消滅しちゃったけど、今の私ならわかる…

 

おそらく彼は既婚者だ。

 

いまとなっては、LINEのアカウントも消滅されていました。元気かなぁ

==

そんな感じの人を数人ほど、私生活でも定評のあるディフェンス力で片っ端から投げ飛ばしていたんですが、そのディフェンスを突破してきた一人の男がいたのでした。

 

まず、彼をLIKE(右にシュッ)としてしまった理由

 

ミス!

 

そう、単純にミスった。つうこんのミス!

 

一個前の人をうっかり左にシュッとしてしまったのを「あーーー!もっかい!もっかい詳細見たい!」と慌てて次の人を右にしてしまった(きっとあるある行動だと思ってる)。まぁ有料会員でもないから取り消しなんてできなかったんだけども…

 

そうしたらお馴染みのあの画面になってしまった。

f:id:aimaimix:20170117153245j:plain

 

あああああああああ!
誰やあああ!誰とマッチングしてしもたんやあああ!!

と、うっかりミスの後悔の気持ちばかりで、相手の詳細を見に行く。といっても、ついさきほど左にした理由はあったんだ。

1枚目の写真はよかったんだ。

2枚目の写真がアウトだった。なんか…大学デビュー的な(?)。服がダサめに見えた。ダサいというか、まず私が好みそうな感じではない。私服でジャケットの中にVネックはいただけない。
後にこの人について友人間でお祭りになるので、「こんな人」とその写真を見せたら、みんな(男女問わず)『えっ…(あいちゃんコレをいいねしたの?)』という反応を見せるくらいの恰好だったのだ。

 

でも、マッチしただけでこっちからなにもアクションを起こさなければとりあえず発展はしないから、そのままにしておこ~ と思った直後に、ヤツから一通の目を疑うメッセージが届いていたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

『おばさんみたいな顔ですね』

 

 

 

 

 

はあ?!(怒)

<つづく>