読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曖昧さ回避

未来が見えない女の本当にあった怖い話

Pairsの思い出 ② 誠実だけが取り柄な男は誠実でなかった

pairs SNS 出会い系 Tinder
出会い系についてのブログを書いてますが、はっきりいって方向性が定まりません。
どこぞのナンパブログのように、成功体験とか書ければいいかなって一瞬でも思ったわたしのバカ!
成功なんてしてなかった。勝気な失敗談ばかりだった。
 
というわけで、個人的には、Pairsよりもウォーキングデッドの感想(シーズン3の4話目で号泣)が書きたいところなのですが
前回の続きでPairsのおはなし。
 
始めてすぐに業者に出くわした私は、マッチングする人する人疑う日々。
特に、LINEを聞いてくる人には普通に
「変なブログのURL送ってきたりしないですか?」聞いちゃうし。(予防も含めて)
そんな質問には大体「なんかあったの?」「あーそうなんですね。たまにいますよ女性でも」な返信がテンプレの如くあるので、そういう人はわりと安心できます。
中には、いきなりブチ切れて10行くらい長いメッセージで怒られることもありました。
「そんなに疑ってるなら、あなたにはPairsをやる資格ない。こっちは金払ってんだみたいな。
直ぐに疑ってごめんなさいっていう謝罪はしたけど、怒りが収まらないのか、ガチの業者なのか、さらに10行×2回くらいの怒りのメッセージがきたんだけど、これ普通の男性としてもDVの予感がするので、「他の男性は普通に原因を聞いてきてその後もメッセージが続くのに、○○さんとは上手く会話ができないようなので失礼します。」とだけ送ってブロックしました。
短気な男は嫌じゃ嫌じゃ〜
 
そんな中、1人の 業者臭もしないDV臭もしないさわやか系男性 とマッチングしたのです。
スクショとってなかったのでテキストのみのご紹介です。
 
<3人目>
スペック:32歳 某カフェチェーン店店長
写真の素朴さと、さらにその上をいく素朴なプロフィールが好印象。
【とりわけ容姿もいいわけではなく、秀でていることもないですが、誠実さだけが取り柄です
うん。わかるよ。前半すごく共感だよ。わたしはこのブログ書いてる時点で誠実じゃないかもしんないけど。
メッセージもすごくスマートにすすみ、話を聞くと…
ほんの少しでも意識が高い人なら誰しもが行く某星がつくコーヒー屋さんの店長さんのようで。
なんだよ。この爽やかさと素朴さを足して二で割った人…
スタバの店員(店長)ぽいわ〜〜〜!!
という感じで職業もあっさり教えてくれたし、LINEは聞いてこない節度ある距離感なので
Pairs上のメッセージで会う約束をしたわけなんです。     なんです…!
向こうは元々シフト制というのもあり、私は出張帰り(夕方帰京=休みとってOK)のため、2週先の月曜に会うことになりました。
 
ここ!マッチングアプリあるある!
会う約束の日程を先延ばしにすると、モチベーションが下がる
約束だけして満足しちゃうのか、会うまでにメッセージのネタが持たないのかなんなのか、大抵の人はメッセージがパタと止まる謎の方程式。
パタっと止まったら約束前日くらいまで、どっちかが「明日どうしますか?」って聞いてこない限り発展しない。
そんでもってそれを聞いてくるのは、初手で「会いましょう」って言ってきたやつの礼儀だろうが!!
 
そう、このスタバの彼がこれの典型的なパターンの持ち主でした。
2日前になってもメッセージがこないので、気になって「月曜は大丈夫ですか?」と送ってみたものの、返信がない。
えー?なにかあったのかな? と当日の朝まで待ったわけなんですが、やっぱりない。
Pairsはマッチングする前の相手のログインステータスは表示されるのですが、マッチングした相手のログインステータスは出ない仕組み。
しかし、わかる方法もあるんです。それは「コミュニティのメンバー表示」。
マッチング後もその人が入ってるコミュニティを見れば、メンバー一覧で今オンライン中かどうかは見れるのです。
おやおや、しっかりオンラインされてるじゃないですか。
 
たぶんこれは他の子と連絡はとってるな。
 
しかし、アプリ上のバグもあるだろうなってゆうのと、たぶん「誠実」という言葉を信じてたのかもしれない、、、(おそらくこの時点で私の方が彼より誠実なのでは)私は半ば諦めた感じで
「今日は無理そうですね!ありがとうございました!」という、物分かりいい女を装ってそのまま放置することに。
すると、夜23時くらいに「すみません、仕事がバタバタしちゃっててお返事できませんでした」と連絡が。フーン、仕事中に頻繁にオンラインになるのか。
ま、いいや。なんとなくスタバとは上手くいきそうにないなと判断したので、あっさりと「そうなんですね〜!お疲れさまでした!^^」と返すと
「LINEの方が返事早くできると思うので、もしよかったらLINEにしませんか」と。
えええ!もう終わりだと思ってたよ。なんだよ、リベンジなのか!?新手の業者か!?
そんな感じもしないので(Facebook特定済)、ひとまずOKしてIDを聞き、こっちから最初のLINEをしました。
 
……。
 
返事こないじゃん!
間違いなく仕事も終わってる時間だろww  ひとまず時間差でキャッチボールはできたものの「また連絡します!」で終了したっきり、また2週間音沙汰なし。
マジこいつ何がしたいんだよ。数回Pairsも見たけど、全部オンライン中だったよ。
もはや、プロフィールの【誠実さだけが取り柄です】を消してくれよ。
こういう時、私自身がスッキリしない。というか、解せないなーって思ったらはっきり言っちゃうタイプなのです。
別に他に良い子がいたなら、そっちいってくれていいんだよ。
でもその時は言ってくれてもいいと思うよ。私を待たせる意味ないでしょうに!
あと私に落ち度があったら言ってくれよ。
そしてみんな直せるところ直して、明るいマッチングライフしたらいいじゃないか!!
 
そんなわけで、スタバさんには
「連絡します!ってメッセージくれたきり、特に今後もなさそうなので、もう連絡くれなくていいです〜。スタバさんに良い出会いありますに!(ウンコスタンプ)」だけ送って、さようなら。
社会人ならスケジュール管理しろよ!連絡ひとつよこせよ!約束の1つも守れない男が女を守れるわけないでしょが!
 
<今回の学び>
プロフィールに誠実と書く人ほど、誠実じゃない(信じすぎないほうがいい)
マッチングサイトでの会う約束は、熱が冷めない3日以内!
 
<今日のTinder塩対応>
f:id:aimaimix:20160206224932p:image
なんか、、、初めて申し訳なく思った。
その後彼からマッチング解除してました。